SDGs戦略研究会

[前期]第2回:「グローバル・パートナーシップ」を開催!

第2回

◆第2回:5/18(木)15:30~18:30 枝廣 淳子 氏
「持続可能な開発に向けて実施手段を強化し、グローバル・パートナーシップを活性化する」

概要:枝廣氏による実践的な思考方法が好評!

漠然としていて目標やアプローチ方法を考えづらいのが、今回のテーマ。お悩みの方も多かったようです。しかし講義は枝廣氏からの「全ての土台にあるのが目標17、残り16の目標を考えるうえでの鍵を握っています。」という呼びかけからスタートし、「なぜ目標17が重要なのか」を丁寧に会場が納得できるように、解説いただきました。

講義の合間のワークは、「自社にとってなぜパートナーシップが大事なのか」という点から始まり、複数のステークホルダーが絡むことが大事な理由について考えたり、自社の現在のパートナーシップの棚卸をして目標に当てはめたりしながら、実践的に取り組むことができました。他社の事例紹介も満載の3時間になりました!

受講者の声

当日ご参加された皆様からのご意見・ご感想です。

  • (自身の中で)最も漠然としていた、No.17の目標へのアプローチを実践的に学ぶことができました。(建設業界)
  • この目標に取り組む理由やポイントがわかりやすく、非常に満足できる内容でした。ワークショップで学んだ思考法は、目標の設定に限らず、普段の仕事にも大いに役立つと思います。(情報通信業界)

様子1   様子2

講師紹介

東京都市大学環境学部 教授
枝廣 淳子 氏

幸せ経済社会研究所所長、有限会社イーズ代表等を兼務。
『不都合な真実』(アル・ゴア氏著)の翻訳をはじめ、環境問題に関する講演、執筆、企業のCSRコンサルティングや異業種勉強会等の活動を通じて、地球環境の現状や国内外の動き、新しい経済や社会のあり方、幸福度、レジリエンスを高めるための考え方や事例を研究している。著作に『レジリエンスとは何か―何があっても折れないこころ、暮らし、地域、社会をつくる』(東洋経済新報社)他。
URL:http://www.es-inc.jp/