SDGs戦略研究会

メニュー

SDGs戦略研究会概要
スケジュール
講師紹介
お申し込み
お知らせ

SDGs(持続可能な開発目標)とは?

開発アジェンダの節目の年、2015年の9月25日から27日に、ニューヨーク国連本部において「国連持続可能な開発サミット」が開催され、150を超える加盟国首脳の参加のもと、その成果文書として、「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ」が採択されました。

そのアジェンダに掲げられた目標が、17の目標と169のターゲットからなる「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals=SDGs)」です。この目標はミレニアム開発目標(Millennium Development Goals=MDGs)の後継とされています。

詳細は、国際連合広報センターのサイトをご覧ください。

SDGs戦略研究会とは?

SDGsから未来の市場を創る
~企業価値と社会価値を同時に向上できる、社会から選ばれる企業へ~

SDGsは、2030年に向けた人類共通の行動計画に掲げられた目標です。特に企業においては、SDGsに対する姿勢が世界的な投資評価や顧客の購買行動を左右するようになるなど、事業活動への影響が大きいと予想されています。SDGsの本質を理解し、使いこなすことは、競争の激化するグローバル市場において、ビジネスチャンスの創出や新たな価値を生み出す企業になるために不可欠です。

本研究会は、SDGsで定める17の目標のうち、特に環境と関わりの深い12項目に着目し、企業がその本質を理解してサステナブル経営に落とし込むことを目的に発足しました。
SDGsの全体を学び視野を広げた後に、個別テーマへの理解を深めることで、社会課題の本質やそれぞれの関連性が理解でき、持続的な企業価値の向上につながる経営戦略の立案に役立てる事ができます。

本研究会を通じて、社会を変える事業を創出し、社会から選ばれる企業となることを目指しませんか。

対象

▶ 「サステナブル経営」「不確実な時代における企業価値の向上」に取り組む企業のご担当者様
・企業の経営企画/事業開発/環境/CSR/イノベーション/R&D部門などの担当役員の方
・上記部門の責任者、中心メンバーの方

概要や他社事例を学ぶにとどまらず、社会課題の本質に迫り、イノベーションにつながる経営戦略を立案したい方に特にお薦めです。

得られるもの

本研究会では、社会課題の全体像を俯瞰してテーマごとに課題の本質を掘り下げていきます。回を重ねるごとに、それぞれの課題のつながりが理解できるため、将来の社会構造がイメージしやすくなります。先見性が高まることで、新たな市場創りに向けた経営計画の立案に役立ちます。

▶社会課題・環境課題に関するリテラシー
テーマごとに国内トップクラスの専門講師による講義とディスカッションを通じて、単なる知識の習得に留まらず、課題の本質を追求し、深い理解が得られます。

▶環境制約を踏まえた事業戦略立案手法
バックキャスティング・フォアキャスティングなどの手法を活用し、将来の環境制約下における自社のポジションとそのための経営戦略を検討する具体的手法が身に付きます。

▶参加企業の財産となるネットワークの構築
イノベーションをおこし、社会課題を根本から解決するには組織を超えた連携が必要になります。講義やディスカッションを通じて、同じ目的を持った受講生、講師陣と将来的な事業につながる関係性が構築できます。

詳細ページ スケジュール 講師紹介 お申し込み